ARROWS PRO
講師紹介

荒川 眞嗣
Masashi Arakawa

宮城県出身のアニメ監督、フリーのアニメ演出家、アニメーター。
現在、ハルフィルム(TYOアニメーションズ)に在籍。

代表作として

広崎 哲也 Tetsuya Hirosaki

監督、脚本家
1971年大分県出身。明治大学進学後映画研究部に所属し数々の映画制作を行う。
1996年ぴあフィルムフェスティバルで監督、脚本、主演の「BLUE HEARTS」がWOWOW賞(構成、脚本賞)、シャンテ賞(観客賞)をW受賞し、オランダロッテルダム国際映画祭に取材スタッフとして参加する。1997年「全国学生映画祭」をプロデュース。中野武蔵野ホールで3週間のレイトショーを行いテレビ、新聞等のマスコミで反響を呼ぶ。1998年「網走番外地」などで知られる鬼才、故石井輝男監督のもとで、つげ義春原作、浅野忠信主演の「ねじ式」の助監督、俳優として参加する。以後さまざまな映像の助監督のかたわら新宿ゴールデン街のバーで上映回数200回を越えるインディーズ上映会「BLUE DRAGON MOVIE NIGHT」を主宰する。2003年「さらばゴールデン街」を新宿タイニーアリスにて上映し4日間で500人の観客を動員する。また同作品は2004年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品される。2006年ヤングマガジンで連載中の「工業哀歌バレーボーイズ」の赤木編、宮本編、谷口編を監督する。2008年『大後悔時代』を監督する。

代表作として

平松 豊司
Toyoji Hiramatsu

演劇&映画制作ユニット“ばんぶるびぃ”主宰。
大阪芸術大学映像学科卒。NHK・サンダンス国際映像作家賞や読売シナリオ大賞等で候補となり、多くの映画、Vシネマ、ゲーム、アニメーション等の企画に携わる。

代表作として

麻生 敬太郎
Keitarou Asou

アローズプロ代表。
福岡県出身。1972年のデビュー以来、TV、映画、舞台など数多くの作品に出演。名バイプレイヤーとして活躍する傍ら、自ら主宰する“麻生塾”塾長とし て後進の育成にも力を注ぐ。2002年には、麻生敬から麻生敬太郎に改名し劇団TA2を旗揚げ。マスコミにも取り上げられ、同劇団の全ての作品に出演。演出・プロデュースを手掛ける。 2006年に、アローズプロを設立。現在、俳優・声優・ナレーター・演出家として幅広く活動している。

代表作として

Copyright(c) 2007 ARROWS PRO All rigths reserved.